プレハブハウスとは・・・

プレハブ

プレハブハウスは、「2間(ケン)×3間(ケン)」のハウスなどと言われ、工事現場等で多く活用された時代がありました。
あらかじめ工場で部材を製造し、現場にて組立を行います。そのため、現場での「施工期間が長い」のが一般的です。
2間×3間の表記は、1間は1,800mmで、この倍数で建てられていました。

ユニットハウスとは・・・

プレハブハウスやコンテナハウスより「地震に強く・短工期・ローコスト」

プレハブハウスに遅れてユニットハウスが誕生しました。
1990年代には全国的に広く普及し始め、今では工事現場ではほぼユニットハウスに変更されつつあります。
ユニットハウスとよく比較されるのが、プレハブハウスやコンテナハウスですが、それらと比較するとユニットハウスは様々なメリットがあります。ユニットハウスはプレハブハウスに比べ地震に強い構造です。

  • ユニットハウスは工場にて製造されます

    ユニットハウスは工場にて製造されます

  • ユニック車にてユニットハウスを現場まで運搬します

    ユニック車にてユニットハウスを現場まで運搬します
    運搬中の揺れも大丈夫 = 地震も大丈夫!

工場であらかじめ完成させ現場にはそれを車で運ぶために、現場での施工期間は短期間で終わります。ご注文を受けてから約3週間で設置できます。
もし引っ越しについて場合も、ユニット毎に分解して他の場所に運べるため、設置作業人件費も少なくローコストです。
ユニットハウスは、工場で製造されます。製造された箱型構造の建物はトラックで現場搬入され、簡易的に建て込みが出来るのが特長です。

ユニットハウスとプレハブハウスの違い

ユニットハウス プレハブ
約1日 施工時間
(40坪クラス)
約7~10日
雨天決行 工事期間 天候により日程が変化
標準装備 付帯工事
(換気扇・コンセント・照明)
工事が必要。
また、設置後電気配線設置。
ユニック車で搬入・組立を行うため人件費も少ない。
ドライバーが設置工事を行う事が多い。
工事費用 相当数の人員が必要。
設置費用・人件費も多い。
4~10tユニックが入ってユニック作業(電線などがある場合は不可)が出来ないと設置不可。
クレーン搬入も有り。
設置場所 2t車などで材料を手作業搬入出来れば納品可能。
トラックで搬入するので道路交通法(高さ3,800mmまで)に従いハウス高さ2,700mmが標準。
荷台の高さは約1,100mm。
ハウスの高さ 好きな高さに変更可能
トラックの荷台の大きさで増すのでミリ単位。
横=約2,400mm。
縦=4t車5,400mm、大型7,200mm。
寸法の増し方 900mm(0.5間)スパンで増していく。
間(ケン)単位。
軽量鉄骨構造作り(箱型)。
持ち運び可能な作りになっているため定期的にメンテナンスをしていただくと10年以上ご利用になれます。
塩害地域などは耐久性が低下します。
耐久性 鉄骨の大きさなどグレードでも異なるが定期的にメンテナンスをしていただくと10年以上ご利用になれます。
塩害地域などは耐久性が低下します。

※1間(ケン)=1,800mm 1,800×1,800=1坪=2畳=3.3㎡

ユニットハウスのご要望叶えます。サニーハウスは製造メーカーなので、製造から設置まで可能です。お気軽にお問い合せ下さい。フリーダイヤル0120-325-728


PAGE TOP